ちょっと学業が苦手

川原泉ドクターお長所のウンチクマンガ、「愚か者のパラディーゾ」をご紹介します。本州から九州の南に越してきた姫野家事には、三ヒューマン兄妹がいる。

その中頃の麻子は、ちょっと学業が苦手。せっかくの夏休みにも、補習に通います。

常に登校やる往来に、「津々浦々農園」という園芸農家があり、はからずもそこを通りかかった事、県の代表「桃島」が噴火。

その衝撃で農園から落ちてきた椰子の実が、麻子の心中を取材し、麻子は、思いを失ってしまう。農園のオーナー、利便史郎は、おわびにというマンゴーを麻子にくれました。

そのマンゴーの感謝に行った麻子は、津々浦々農園が人手が足りないことを分かり、日雇いを申し出ます。狙いは、農園で創るトロピカルくだもの。

 

もらったマンゴーのあまりのおいしさに、アルバイト金をトロピカルくだものでもらうのです。パパイア、キウイなど、通常トロピカルくだものを堪能するうちに、麻子は自分が農業に向いている!という自覚してしまう。

そんな津々浦々農園では、観葉植物も培養しており、コンテストに関して秘密の観葉植物を育てていました。

麻子の姉って次女も津々浦々農園に通うようになって、麻子が朝寝坊してしまった日、2ヒューマンはその秘密の観葉植物を見せてもらった事を知った麻子は、落ち込んでしまう。

ですが、普段のプラスぶりに感心していた史郎は、新種の観葉植物の名称を、麻子に付けてほしいって願います。

それが、「愚か者のパラディーゾ」なのです。晴々「愚か者のパラディーゾ」は優勝し、史郎の近辺2ヒューマンといった麻子の兄妹は、お互いに良い風土に。

麻も、史郎の農園を引き続き手伝うのです。あんなお喋りの中に、まったく流れを相次ぎ、トロピカルくだものの評を細かく押し込める事ができるのが、川原ドクターの凄まじいところです。

トロピカルくだものの精通も得ることができ、うれしいですよ。syuudengotl.x.fc2.com