書くとどこにでもあるような美食漫画に思えるが

1人類で貿易古物商を営むヒーロー五郎。亭主の最大の楽しみは勤務の合間にゆっくりと楽しめる「食事」です。
但し、五郎は酒を飲み込むことができない結果、もっぱら酒のつまみではなく飯にあう食事です。
って、書くとどこにでもあるような美食漫画に思えるが、これはどこにでもおる極ふつうのおっさんが食事をするというコミックです。
それほど敢えて高級料理を採り入れるために食堂に行ったり。現地の名産を取るために秘境に行くという類の話では一切無い。
どちらかというと、どこにでもありそうなそこらへんの在り来たりなレストランにふらりって入って、なので頼もしいものをたらふく取るという写生に力を入れいてある「日々」の中の美食コミックです。
例えば中華料理屋に入って上手いギョウザとビールではなく、白飯。事務所から出れないからコンビニで豪華なミール……ってずいぶんふつうの美食コミックでは出てこない「はなはだ通常」の料理が主役です。そうして、そのふつうの料理をおいしみたいに採り入れる五郎を見ているとこちらも胴が鎮まる、という最初冊です。
本当はこういうコミック、全然人気でドラマ化もされている。
ドラマを見た人類も、見ていない人類もとにかく一読やる品物です。わたしたちのからだこどもができるしくみが面白くておススメ