スカヨハもかすむペネロペ・クルスの美しさに打撃!推奨DVD「でも恋するバルセロナ」

「でも恋するバルセロナ」は2009年齢表示のウッディ・アレンプロデューサーの映像だ。ウッディ・アレンの映像は古くは「アニー・ホール」や「カイロの紫のバラ」など、大人の恋映像として喜べる手法ばかりです。こういう映像も無論恋映像ですが、私の標的はスカーレット・ヨハンソン。既にハリウッドを代表するポピュラーアクトレスであり、いやにエロ!そのスカヨハがスペインを舞台に奇妙な三角以上の動機に陥る話ですが、アーティストの男子(ハビエル・バルデム)に関する3人のレディースのスピリットや恋観の違いが描かれている。なかでもその男子の元妻です同じくアーティストのスペインレディースを演じているのがペネロペ・クルス。きれいなアクトレスさんは思っていたけれども、薄々毛嫌いして映像をみたことはありませんでした。が!実に華麗!そうして、スゴイ迫力でスカヨハもかすむほどでした。ペネロペといえば、いまだにトム・クルーズとの恋沙汰を思い出して仕舞う私も古めかしいですが、そのトムもその後に結婚したママとも離れ、今は独り身?ペネロペはこういう映像が鍵かどうかはわかりませんが、アーティストの男子を演じたハビエルと結婚している。映像の中でも「なんでこの男に?」というほど私の好みではありませんでしたが、ラテンのなせる業なんでしょうかね?

ムームーバストストロベリーはバストアップドリンクです